子どもがいるからこそ
自分らしく生きる

子連れMBAは
自分らしいキャリアを形成するために
熱い想いを持つ仲間と、学び、
つながり、挑戦できる場所です。

Powered by 一般社団法人ぷちでガチ

イベント情報 プログラム 子連れLAB

【募集終了】パラレルキャリアチャレンジ | ワーキングマザーのための複業創出プログラム

 

2022/1/12 第一期プログラム 開始!

 

忙しい毎日だけど、自分のやりたいことで誰かから感謝されたい
複業で自分の好きなことをやりながら、楽しくて仕方がない日々を送りたい
1つの働き方、1つの生き方にしばられず自分らしく活躍したい

でもどうはじめたらいいのかわからない
ひとりできる気がしない...

それでもあきらめたくないあなたに向けた
仲間と一緒にパラレルキャリアを始めるプログラムを作りました!

パラレルキャリアとは、1つの働き方、1つの生き方にしばられず自分らしく活躍する働き方です
7年間のべ3,000人以上のワーキングマザーたちのキャリアとプライベートに向き合ってきた子連れMBAが
自分らしく活躍するパラレルキャリアを目指す方たちに向けて
夢中になれる仕事を作る複業サポートプログラムを開発しました

数多くのワーキングマザーが自分らしいパラレルキャリアを始めたストーリーを再現できるように
各種MBA講座やプログラム・会員コミュニティ運営の経験から
仲間と一緒に学べて実践するラーニングスタイルで自分らしく生きる日々に変化します

プログラム修了時に得られるもの

  • 続けたい!楽しい!やりがいがある!と思える自分らしいパラレルキャリア
  • 自己理解が進み、会社では発揮できない才能が目覚める
  • 自己効力感、自己肯定感、モチベーションの増加、悩みやネガティブ感情の減少などマインドの変化
  • 本業・プライベートにも活かせるビジネス力
  • パラレルキャリアを続けるためのコミュニティ
  • 生涯切磋琢磨サポートし合える高い志をもつ仲間
  • エネルギーに満ち溢れ、悩みが減り、充実感にあふれる毎日

 

子連れMBA集中プログラム「パラレルキャリアチャレンジ」

説明会に申し込む

※別サイトに移ります

 

パラレルキャリアチャレンジ 3つの特徴

夢中になるキャリアを望むワーキングマザーが自らの才能や経験、個性を活かしながら、
「自分らしい複業」を始めて、お金だけじゃないやりがいと喜びにあふれる仕事を持ち、
充実した毎日へ変化する3ヶ月の集中実践オンラインプログラムです。

子連れMBAに参加する数多くの育休中や子育て中の女性達がパラレルキャリアをはじめてきたステップを体系化し、
各種書籍やMBA理論をベースに編成して、ワーキングマザーに向けてオリジナルプログラムを開発いたしました。

本業ではできないことをパラレルキャリアではじめて、
仕事や育児で忙しいけど「それでもやりたい!」とエネルギッシュに日々過ごせるような3ヶ月後を目指し、
仲間同士でエンパワーメントしながら、あなたらしいキャリアの第一歩を踏み出せるように導きます。

 


短期集中&習慣化


仲間同士で磨き合う


ワーママに向けた構成

約2ヶ月半、仲間とともに実践。子育て中でも時間・場所にとらわれずに参加でき、習慣化が可能になる平均66日をプログラム期間中に超えることで自走でき、結果が出る構成

だから!

誰でも実践し自走できる

ワーキングマザー同士の心理的安全性の高いコミュニティ内から挑戦。一歩先を進むロールモデルをお手本にしながら、境遇の近い仲間と対話し協力しあい切磋琢磨できる環境

だから!

生涯つながれる
高い志を持つ仲間ができる

エフェクチュエーションを中心とした、アントレプレナーシップ理論やMBA理論、書籍等のを体系化して構成。ワーキングマザーに向けて独自開発・検証された、アクションへ繋げるインストラクション

だから!

多忙なワーママでも再現できる

 

 

挑戦した卒業生の変化

  • 開始後すぐプロジェクト実現のためのパートナーを獲得(メーカー/エンジニア/2児の母/育休中)
  • 趣味の占いでサービス開始(広告/webプロデューサー/1児の母/復職後)
  • 予防医療・健康への興味からヨガ講師&健康コミュニティ運営(製薬/研究職/2児の母/復職後)
  • 社外コミュニティ発足!他業界のメンバーと課題解決に向けて取り組む(メーカー/原価企画/2児の母/育休中から復職後) 

 

ライフシフトチャレンジが、ゼロイチ活動のレールを敷いてくれて
パラレルキャリアチャレンジが「続ける場と仲間を提供してくれた」
かけがえのない資産が自分に加わったと感じています
(Kanako/メーカー/原価企画/2児の母/育休中から復職直後に参加) 

本当に好きなこと、心が動くことは何か 「自分軸」を見つめ直すきっかけに。
挑戦していく中で、躓いた時は相談し、成功すれば喜びあう、そんな仲間からは今でも勇気とやる気をもらっています。
(Sae/不動産/事務/2児の母/育休中から復職直後に参加) 

 

▼過去参加者の声をもっと詳しく! 0期卒業ピッチ動画はこちら▼

結果の出る充実したカリキュラム

2ヶ月半の短期集中プログラム中にアウトプットをメインに学びと壁打ちを繰り返し、仲間や家族からの影響をとりいれ巻き込みながら、自分自身の目指すパラレルキャリアを実践していくプログラムです。

集大成として、最終プレゼンで子連れMBAのオフィシャルイベントとして開催する卒業ピッチでにご自身のパラレルキャリアを披露し、より多くの方にご自身のやりたいことを伝え、チャンスを自ら生み出していきます。

自分らしいパラレルキャリアをはじめて、あなたのなりたい自分により近づいていきましょう。

 

だれでも挑戦できる理由

パラレルキャリアチャレンジは、エフェクチュエーション理論(優れた起業家に共通する意思決定理論)をベースに体系化しています。キャリア意識の高いワーキングマザーの事例を多数擁する子連れMBAだからこそ、理論をもとにステップを進みながら、身近なロールモデルを共有しつつ進みます。

Being 自己分析

あなた自身の個性や経験から生まれる内容

情熱を注げるパラレルキャリアは、自己理解と実践から始まります。
いままでの経験や個々人の個性や価値観を見つめ直して自分らしさを表現できるパラレルキャリアを見つけます

 

Doing 小さく挑戦する

小さな一歩から変化が始まる

新しいことへの挑戦はだれでも不安です。
ですが挑戦を小さく小さくして、リスクが許容できるサイズではじめると、世界が動き出します

 

Collaborating 広げる

本業やプライベートや仲間へ広げていく

パラレルキャリアは本業やプライベートにも良い循環が起きます
そして出会う人同士で刺激を与えあい、共創していくことでパラレルキャリアは進みます

 

身につくスキル・能力一覧

本業・プライベートにも利用可能なスキルが身につくから、ライフキャリア全てに好循環が生まれます。

 

こんな方におすすめ

  • パラレルキャリアをゼロから立ち上げたい方、何かに参加してみたい方
  • パラレルキャリアに興味があるけど、何からはじめたらいいのかわからない方
  • お金だけではない、楽しさややりがいのある複業をやりたい方
  • 本業が忙しくて、複業のための行動が続かない方
  • ひとりで活動するのではなく、仲間と一緒にパラレルキャリアをはじめたい方
  • 育休中にもっとビジネススキルを成長させたい方
  • 復職済みでもスキマ時間でパラレルキャリアを実践したい方

 

こんな方にはおすすめしません

  • パラレルキャリアをすでにはじめていて、売上を大きくUPさせたい方
  • とにかくお金をたくさん稼ぐ副業を目指している方
  • 自分ひとりで活動したい方

 

必要な時間と実施内容

 

3-4時間/週
(1日30分程度)

確保いただく必要時間の目安は、週3-4時間です。デジタルや音声を活用※1するので、細切れ時間やながら時間活用などの工夫も可能です!

 

毎週2回テキストでの
インプット&ワーク&
隔週音声フォロー

自己理解方法、MBA理論(起業、キャリア、)各種スキル(対話スキル、デジタルツール活用)などパラレルキャリアに必要な最先端の知識やスキルをインプット&ワーク&音声フォローを通して身につけます。

 

月2回、合計6回の
全体セッション

1/12、1/26、2/9、2/23、3/9、3/23の
ランチタイム(12:05−12:55)にコミュニティセッションを実施します。
参加できない場合は録画視聴でフォロー可能!

 

固定チームでの相談会
(隔週・計5回)

基本3人グループで計5回(1回当たり約1時間)のワークに取り組みます。
プログラム終了後も支えあい、刺激を与えあう絆ができます。

 

グループコンサルティング3回付き

起業複業経験を持つメンターを招いたグループコンサルティングを毎月開催!
(1/19,2/16,3/16予定)あなたの悩みに答えつつ、プログラム参加者全員での学びとして共有します。

 

その他多数特典あり!

Makers of Business Art講座チケット3講座付、自走のためのコミュニティへの参加、平日毎日開催の朝活自習部への参加など、子連れMBAの場を存分にご活用いただけます!

※1 使用するツールは以下です。使いながら慣れていきますので、使用経験がなくてもご安心ください。 
・チャットツール(Slack)
・各種web会議ツール(zoom、google meet)
・共有ドライブ、Notion他さまざまなウェブツール

 

なぜ今、「パラレルキャリア」が必要なのか?

ここまで読んでいただいてありがとうございます。
パラレルキャリアチャレンジ プログラムディレクターの八木曜子です。

わたしたちがこのプログラムで目指すものをお話させてください。

わたしたち子連れMBAは、400人を超えるワーキングマザーを主軸としたラーニングコミュニティです。
この仲間たちと対話する中で、ある渇望があることに気づきました。

「今の仕事に不満が大きくあるわけではないけど、やりたいことが仕事の中でできている感覚はない」
「これがやりたい!と思えることで少額でも自力でお金を稼いでみたい」
「うちこんでいる仕事を通じて手応えのある喜びを感じたい」

このように、仕事を通してやりがいや喜びや楽しさを自力で作り出したい、味わいたいという欲求を強く強く感じていました。

本来仕事は、自分の行うことで相手に感謝され、その対価を払ってもらうというやり取りを指します。また、お金を頂くというベネフィット以外にも、自分らしさを表現する手段という側面もあります。それは人間の活動に根ざしたやり取りであり、手応えと意味合いを感じるものです。

ですが現代の会社や組織の中では細分化され全体感のない仕事を任されたり、望まない仕事を課せられることもあるでしょう。
雇われて働く限りは、理想的な選択ができないのも事実です。

だからこそ、自分の望む形で実行できるオリジナルなキャリアを持つことは、仕事を通じて自己実現することだといえるでしょう。
自己表現としての仕事、私達団体の目指す”自分らしく生きる・働く(Art)ことです。

 

そしてVUCAの時代の中、変化に対応するためにわたしたちはキャリアオーナーシップを自分で握り直し、自らコントロールすることを迫られています。子連れMBAのメンバーから、まさにこういった変化への心配や焦りの言葉を聞くこともありました。

「組織から放り出されたら不安だから、小さく複業に挑戦したい」
「リスクヘッジのためにもいくつか仕事をもっておきたい」
「キャリア転換したいけど、合っているかわからないから試してからはじめたい」
「いきなり独立するのは怖いから在職中にできることをしておきたい」
「本業でもうこれ以上成長できる気がしないから新しいことにチャレンジしたい」

パラレルキャリアはこういった悩みに対しても、解決の糸口になりえます。

スモールスタートでリスクが取れる範囲で挑戦したり、本業消失リスクに備えポートフォリオ・ワーカーになってみたり。
キャリア転換の方向性がマッチしているか確認するために目指す方向性でと少し働くこともできますし、本業をしながら独立に備えての下地を作ることもできます。ゼロから事業を立ち上げる経験は経営者目線が養われ、別組織で活躍することは本業での仕事の振り返りやスキルアップにも繋がります。

どの悩みも、安心安全な場で小さく始めることから挑戦の第一歩は始まります。
内面から湧き出る「やりたい!」という思いを大切に育て、周囲を少しずつ変えていくマイクロチェンジメーカーを生み出す、
子連れMBAのミッションを体現化する内容をプログラムとして体系化しました。


ワーキングマザーは自分以外の要素に左右されがちです。
だからこそ自分のために「忙しいけどそれでもやりたい!」と思えるような熱量を注げるパラレルキャリアを持っておくことは、あなたの日々の生活の満足度を上げてくれます。

こどもを産んで大切なものが増えたから、育児を通じて時間やエネルギーの有限さを実感したから、
それでも自分らしく生きたいと願う私達だから作れたプログラムです。

カリスマや権威に頼るわけではなく、お互いを信じ、お互いをエンパワーメントして、
かけがえのない仲間とともに、みんなでパラレルキャリアをはじめたい方。

ぜひこのプログラムにご参加ください。おまちしています。

 

これからの人材に求められるものは? 

コロナで働き方が大きく変わり、自分らしい働き方やキャリアを深く考え直した方も多いのではないでしょうか。
不確定な要素の多い時代には、自らの自分軸で判断し動ける人材が求められています。

元々パラレルキャリアという言葉は経営学者のP・Fドラッカーが著書『明日を支配するもの-21世紀のマネジメント革命』(ダイヤモンド社)内で紹介した、ひとつの企業に捉われない働き方を指します。人生100年時代になり、企業よりも仕事人生が長くなった私達にとって、自ら変わる力はキャリアオーナーシップを持つ上で大切な要素となりつつあります。

また、企業組織としても、自社内を超える越境学習という学び方は大変貴重な機会であり、新しい風を吹き込む人材として見直されています。オープンイノベーションの種となるパラレルキャリアという働き方は、今の時代に適したキャリア構築方法であり、これからの人材が必要とされるスキル開発を行う格好の機会でもあります。

経済産業省が提唱する「社会人基礎力」によると、これからの100年人生を生き抜くためには「前に踏み出す力」、「考え抜く力」、「チームで働く力」の3つの能力(12の能力要素)が必要であり、常に”アップデート”することが大切と訴えています。
そして今回のプログラムではすべてこの要素を網羅しています。

 

プログラム要項

 

名称 パラレルキャリアチャレンジ 1期
募集期間 2021年12月17日~ ※定員になり次第締め切ります
実施期間 2022年1月12日〜2022年3月25日
募集人数 12人前後 ※初回カウンセリング後お支払いをもって正式参加が確定します
対象者

・1日30分程度捻出できる方(週に3-4時間程度)
・主体的に動ける方
・仲間と助けあえる方
・本業のあるワーキングマザーでやりたい副業にも挑戦する意欲のある方

提供内容

・テキストインストラクション(週2回予定)
・フォロー音声(隔週1回 予定)
・コミュニティセッション(毎週水曜日昼 約6回予定)※見逃し配信あり
・パラレルキャリア実践者を招いた勉強会(セッション中1回予定)
・参加者同士によるサポートチームでの相互サポートと壁打ち会(5回予定)
・グループコンサルティング(3回)
・会員コミュニティへの参加(3ヶ月)
・卒業ピッチ発表会(3/23 12:00~)

金額

定価 70,000円
★早割価格1 45,000円(税込)※12/24までのお申込みの方限定
★早割価格2 50,000円(税込)※12/31までのお申込みの方限定 

※MBA講座在籍中受け放題(3講座チケット付、約2万円相当)
※売上は子連れMBAを運営する非営利団体一般社団法人ぷちでガチに入ります

支払い方法

外部決済サイト(peatix)にてお支払い   

特典

・400名を超えるロールモデルに出会える子連れMBA参加者限定Facebooグループ参加 ※卒業後も可能
・自走の場として仲間を集える子連れMBA会員コミュニティ参加(3000円相当)
・視座が上がるMBA講座3回チケット付(約2万円相当)
・有料での複業NGの場合、団体の名義利用可能
・会員コミュニティ、参加者限定Facebookグループでの有料商品販売権(=子連れLAB登録)

注意事項

申し込み後、やむを得ない理由によりキャンセルされる場合はご連絡ください。
講座の開催日3日前までのご連絡で全額返金いたします。
開催日3日前以降のキャンセルの場合、返金はいたしかねます。

 

お申し込み手順

 

興味はあるけど、自分にできるか不安...
質問や自分にあっているか直接聞きながら話をしたい!

そんな方のための無料説明相談会をご用意しました
※無理な勧誘などはありませんのでご安心ください。

 

STEP1
当ページの「お申し込みボタン」から、無料説明会へお申し込み&ご参加
 *開催日は下記日程となります。
12/22 12:00~13:00 説明相談会
12/24 12:00~13:00 説明相談会
1/5 21:00~22:00 説明相談会
1/6 12:00~13:00 説明相談会
1/7 21:00~22:00 説明相談会(ご好評につき追加説明会決定!)
1/8 21:00~22:00 説明相談会(ご好評につき追加説明会決定!)
1/9 21:00~22:00 説明相談会(ご好評につき追加説明会決定!)

STEP2
無料説明相談会で不安や心配事項を確認する

STEP3
無料説明相談会後、参加の意思を確認させていただき、お支払い

STEP4
2022年1月12日
第1期プログラム スタート!

 

子連れMBA集中プログラム「パラレルキャリアチャレンジ」

説明会に申し込む

※別サイトに移ります

 

よくあるご質問

 

Q1.ついていけるか不安ですが大丈夫でしょうか?
A. 不安は大変良くわかります。しかし「子連れMBA」では、まずはやってみる!のクイックダーティを推奨しております。そしてパラレルキャリアはひとりで始めると立ち止まってしまいがち。遅れるかもしれないけど、仲間と一緒に踏み出してみたい、という方の参加をお待ちしております。参加メンバー同士で励まし合いながら、必要に応じてフェローや運営メンバーもサポートしますので、何かあれば誰かに相談し、共に乗り越えていきましょう。

Q2.復職していますが参加可能ですか?
A. 過去に何人も復職している方も多数ご参加いただき、ご自身のペースで完走されました。オンラインイベントは復職中も参加しやすい水曜のランチタイム(12:00-13:00)の開催です。録画も共有しますので、ご自身の参加しやすいスタイルでご参加ください。

Q3.子どもがとても小さいのですが、参加可能ですか?
A. 「子連れ」を団体名に掲げる「子連れMBA」のプログラムですから、もちろんお子様がいて問題ありません。運営メンバー全員が子育て中の女性ですので、親身になってサポートができます。また、開催時間もランチタイムや寝つかせ後の21時以降など、幼児期の子育て中の方に適した時間設定になっていますので、ご安心ください。

Q4.どういった団体が運営しているのですか?
A. こちらのプログラムは、子連れMBA(Powered by一般社団法人ぷちでガチ)という団体が運営しています。2015年に関西の育休中の女性たちが子供連れでビジネス講座を学ぶ勉強会からはじまり、現在のべ3,000人以上が参加する一大ラーニングコミュニティになっています。現在は完全オンライン化し、ビジネスで自分を表現する(Makers of Business Art=MBA)ことを掲げてMBA講座や、スキルシェア、コミュニティ運営やパラレルキャリアなど、多くの挑戦を生み出しています。こののべ3,000人の子育て中の女性たちの課題感から、今回のパラレルキャリアチャレンジが作られました。

Q5.どういった人たちが参加していますか?
A. あくまで特徴ですが、肩書としては、会社員、フリーランス、起業家、居住地は全国どこでも、年齢層は20代後半から40代といった幅広い方にご参加いただいています。共通しているのは、子どもがいることとキャリアや学びやプライベートの充実への関心が高いことです。ライフステージの変化とともに、次の方向性を探している方にご参加いただいています。

Q6.誰でも受けられますか?
A. 本プログラムは、やりがいを求める複業を望む方に参加していただくことを推奨しています。相談会にて受講が必要ない、あるいはお力になれないと判断した場合はお断りさせていただくこともございますので予めご了承ください。また、みんなで作り上げるプログラムですので、Taker精神の方(アダム・グラントの著書『GIVE and TAKE(与える人こそ成功する時代)』より)はお断りさせていただきます。

Q7.どれくらい時間が必要ですか?
A. ご自身の状況によってケース・バイ・ケースですが、ゼロベースで参加する場合は自己理解とプロトタイプ作りに一番時間がかかります。プログラムが進むにつれて、所要時間や負荷も減り、必要時間が減っていきます。ご心配な方は無料カウンセリングでご相談ください。

Q8.このプログラムを受講するとどれくらい稼げますか?
A. 稼ぐことが主眼の副業プログラムではありませんが、人によってはお金を稼ぐことももちろん可能になります。ですがまずはファーストキャッシュを生み出す&月数万円くらいまでの複業をイメージしています。

Q9.このプログラムを受講すると自己理解ができますか?
A. 自己理解は進みますが、あくまでパラレルキャリア実践を目的としたプログラムです。自分と向き合いライフキャリアの棚卸しに挑戦されたい方は、ライフシフトチャレンジ(2022年5月3期開始予定)にご参加ください。

 

運営メンバー・アドバイザリー

 

自分の複業経験からも、複業はひとりで始めると行き詰まりやすいと実感しています。
自己理解と挑戦と仲間同士のサポートで、夢中になる仕事を作りましょう!

八木 曜子(パラキャリチャレンジプログラムディレクター/子連れMBA運営メンバー)
レコード会社プランナー、出版社イベント担当・新規事業開発、専門学校の校長として1000人以上のアーティストや作家や学生の才能を発見&開花&プロデュースしてきた
。結婚妊娠出産をきっかけに多くのモヤモヤを経験し、もがく。数多くのプログラムやあらゆる実践を通じて悩みからの脱出をはかった結果、子連れMBAでの体験を通じ脱皮。現在は子連れMBAなどで数十以上の講座やイベントやパーソナルプロデュースを企画し、女性たちの資質や才能を見つけ、望む方向へ進む後押しをしている。現在フリーランス、2022年個人会社を設立予定。1歳・4歳の2児の母。

 

さえ(プログラムフェロー&0期生/子連れMBA運営メンバー)
不動産系会社員&現在育休取得中。2児の母(2歳と0歳4か月)。入社間もなく産休を取得したこともあり、社会復帰、本業と育児の両立に大きな不安を抱いていました。そんな中子連れMBA運営・パラレルキャリアチャレンジ0期に参加。エネルギッシュな仲間と活動することで、不安よりチャレンジしたいことへのワクワクする気持ちが大きくなりました!また複業を始めることで、小さな学びも落とし込めるようになったと感じています。3か月間、みなさんと考え、悩み、喜び合い充実した期間になること楽しみにしています!

 

あきよ(プログラムフェロー&1期生/子連れMBA運営メンバー)

会社勤務&育休中。
IT企業勤務を経て、数年前に田舎に移住。夫と子ども2人との4人暮らし。
ライフシフトチャレンジ0期を含めた様々な経験を経て、しなやかに生きる暮らしを実践中。

 

赤坂 美保(起業家/子連れMBAファウンダー/㈱たおやかカンパニー代表)
15年以上の会社員時代は国内外の上場5社でM&A・海外・経営企画。アクシデントにより突然、雇われの身を卒業するはめに。この経験より、会社勤めしながらのソフトランディングを猛烈に勧めるべく、自身のビジネス&プライベートの経験から、ネットワークまで惜しみなく注ぎます。(一社)ぷちでガチ代表理事 MBA、米国公認会計士、中小企業診断士、証券アナリスト、TEDxスピーカー。

 

 

近藤令子さん

近藤 令子(Voice4u取締役/プロフェッショナルコーチ)
インターネット企業(株)はてな創業メンバー。シリコンバレーのIT企業Voice4u日本法人の取締役。プロフェッショナルコーチとして、若者の起業や女性の自立をサポートするメンタリングを生業とする。(一社)ぷちでガチ理事

 

 

子連れMBA集中プログラム「パラレルキャリアチャレンジ」

説明会に申し込む

※別サイトに移ります

 

※このプログラムの収益の一部はひとり親家庭等への支援に寄付いたします
※各メンバーの販売活動は子連れLABを運営する㈱たおやかカンパニーが行います

-イベント情報, プログラム, 子連れLAB
-, , , , ,

©︎子連れMBA, All Rights Reserved.
Powered by 一般社団法人ぷちでガチ.