子どもがいるからこそ
自分らしく生きる

子連れMBAは
自分らしいキャリアを形成するために
熱い想いを持つ仲間と、学び、
つながり、挑戦できる場所です。

Powered by 一般社団法人ぷちでガチ

参加者の声

 

これまで子連れMBAに参加した方々へのアンケート結果の一部をご紹介します! 

子連れMBAメンバーに聞きました!

仕事や生活で、子連れMBAでの経験が生きたことがあれば教えてください。

まずはやってみる!


復帰後1週間で、新しい取り組みを5つ立ち上げました。今までなら「自分にできるかな」と躊躇していたと思いますが、子連れMBAの講座や活動から、「まずはやってみる」というアントレプレナーシップ」が身についたようです。自分の可能性が広がり、以前とは違った成長を続けています。

田中 京子/中小小売業の人事

自信と行動力がアップ!


新卒で一つの会社しか知らない私にとって、新しい人たちと新しい環境で何かをすることは初めての経験でしたが、子連れMBAでは、互いにサポートしあえる仲間のおかげで、リーダー経験や、普段会社ではできない仕事にもチャレンジできました。結果、以前よりも自信と行動力がかなり向上し、会社では、新しいプロジェクトでも自ら率先して仕事を進めることができています。

大澤 祐子/外資系消費財メーカー・プロジェクトマネージャー

チームでの仕事が得意に!


子連れMBAで身についた「人に任せる」「情報を共有する」といったスキルのおかげで、復帰後、担当部署のメンバーが削減されても、他のステークスホルダーを巻き込むことで、問題なく仕事を回すことができました。個人プレイではなく、チームで仕事ができるようになったようです。また、子連れMBAで学んだ交渉学で、管理職へ復職前面談をお願いし、自ら働きやすい環境を整えることができました。さらに子連れMBAの仲間から、さまざまな子育て・家事や夫婦での協力方法を知ることで、自分の家族なりの方法を見つけることができました

水野 有紀/教員

職場の風土を乗り越えて環境改善


勤務先では、フレックス制度があるにも関わらず朝保育園に送ってから出社することに対して、あまりよく思っていない方もいる風土だったのですが、自分の気持ちを大事にし、意思を伝えることができました。上司のさらに上の方が理解してくださり、職場環境を少しでも変えられたかなと思います。

吉田 雄史/鉄道運輸業

視座が上がった、広がった


復職するとすぐにパンデミック下でのリモートワークになりました。それでも子育て、仕事、大学院と全力で楽しめているのは、育休期間に子連れMBAで学んだことが土台にあります。視座を上げる、広げるという経験をして来たことが結果として仕事に活きていると感じています。会社でやるべきことだけでなく、やりたいことをやれると動けているのも、子連れMBAで出会ったママ達の存在も大いにあります。

 土田 麻衣/教育企業のマーケティング担当

刺激を受ける第3場所


子連れMBAでは、社会人人生が長くなると、いつの間にか凝り固まった考えになっていることがあると気づけました。家庭、仕事の場所だけではない、他の人から刺激を受ける第3の居場所が大切だと感じています。

なおこ/食品メーカー 営業職

励まし合える仲間が支えに


仕事・家事・育児の両立を楽しめる仲間が増えたことが、復職後の生活の支えとなっています。オンラインコミュニティにて時々イベントに参加できたり、交流が続いているので、視野や人間関係が広がっています

田村 綾子/会社員

子連れMBAに参加前後での変化はありましたか?

100%の参加者が参加して変化があったとの答えです。特に、行動を起こそうという気持ちに大きな影響がありました。

子連れMBA

 

 

今後も参加者の声は随時更新予定!お楽しみに!

 

 

©︎子連れMBA, All Rights Reserved.
Powered by 一般社団法人ぷちでガチ.