TOPのKV+キャッチ

子どもがいるからこそ
自分らしく生きる

子連れMBAは
自分らしいキャリアを形成するために
熱い想いを持つ仲間と、学び、
つながり、挑戦できる場所です。

ブログ プログラム 活動関連

ライフシフトチャレンジ中に感じた変化 vol.5/N

「私のキャリア、このままで良いのかな?自分らしい生き方って何だろう?」
子育てを通して自分と向き合う中で、こんな悩みを抱える方も少なくないのではないでしょうか。

母になってとても幸せ。
でも、これをきっかけに、自分の生き方について見つめ直したいー。
そんな声に応えるべく立ち上げられたのが、「ライフシフトチャレンジ」。

今回は、様々な想いを抱えて参加したメンバーたちの、「ライフシフトチャレンジ中に感じた変化」をご紹介します。

vol.5は、Nさんです。
彼女の等身大の姿/変化をブログから感じてみて下さい。

 

 

自分らしく生きるということ

 

私がライフシフトチャレンジに参加した当時、『自分らしく生きよう』という言葉になんとなく違和感をもっていました。

当たり前のように使われている言葉だけど、自分にとってはしっくりこない言葉でした。

母親になって役割が増え、いろんな人と出会う中ですっかり自分のことがわからなくなっていた私が、ライフシフトチャレンジを通して自分らしく生きることへのちいさな一歩が踏み出せたように思います。

 

 

とことん自分と向き合う

 

仲間との対話から気づいた内面

 

私は人とつながりを求める一方で、つながりを持つことに抵抗感を持っていました。

それは、人の期待を裏切ってしまうのではないか? という不安感を無意識に持っていたからです。
知識豊富で学習意欲の高い仲間たちの前では、自前の知識やスキルはほぼ役に立たず(泣)、みんなの期待に沿うことはできないなと思い自信を失っていました。

何かを習得することで自信をつけてその状態から抜け出せると思っていましたが、仲間との対話の中で、条件付きでしか自分を認められなくなっていたことに気づき、さらにはそうなってしまった原因まで突き止めることができました。

これは、一人で考えていただけでは到達できなかったことでした。
自分の内面と向き合うことは苦しいこともありましたが、安心して話せる仲間がいて、一緒に問題に向き合い受け止めてくれたからこそ、得られた結果だと思います。

長い間染みついた思考の癖はなかなか治るものではありませんが、そこに気づかせてもらえたことでうまく付き合っていくことができそうです。
今は、自分を認めて(若干訓練中)仲間たちの中に心地よくいられるようになりました。

 

自分軸で考えること

 

以前の私は『みんなにとって意味のある事』を軸にどうあるべきかを考えていました。
そうしなければ自分には価値がないという意識を持っていたのです。

私の好きなことは、人からはあまり興味のないことだったので、それをやることに何の意味があるのか?と思ってなかなか一歩踏み出すことができませんでした。
でも、みんなのために! と考えてもやっぱり興味のないことにはなかなか身が入りませんでした。

今振り返ると、全然自分軸じゃなかったと思います。
チャレンジ中のワークや対話を通じて自分がどうしたいかということに重きを置いて考えるように少しずつ変わってきたと思います。
自分軸で考えることができるようになり始めると、新しくチャレンジすることに対しても迷いがなくなったように思います。

 

誰かと進むということ

 

自分一人ではできなかったことが実現できる

 

自己理解が進むと、自分の足りない部分もポジティブに受け止められるようになりました。

以前なら、全部自分でやらないといけない→できないこともできるようにならないといけない→苦手なことがなかなか向上しない→一歩踏み出せないという悪循環に陥っていました。

自分の足りない部分を受け止められるようになったことで、苦手なことは人に頼ればいいんだなと素直に思えるようになりました。
そう思えるようになったことで、以前なら絶対やろうともしなかったことに挑戦することもできました。
とらえ方が変わっただけなのですが、少し身軽になった気がします。

 

目標達成のための環境整備

 

チャレンジ中は、毎日有益な情報が提供され本当に学ぶことが多く、発信させる内容に影響されて行動を起こすことも多々ありました。
その中の1つに目標達成のためには環境整備が大事というものがありました。

私は周りに宣言したり、目標とする状態が明確になることでやる気が出るタイプなので、仲間に目標を宣言して期限を設けたり、目標としている人たちがたくさんいるコミュニティに入ったりと目標達成のための環境整備が少し進んだのは変化だったと思います。

 

ライフシフトチャレンジだったからできたこと

 

チャレンジを行う中で、私自身がはっきりとわかっていなかった『自分』を再認識することができました。
今は好きなことをして自分らしくいることに以前のような不安を感じることはなくなりました。
そこから発展してあらたな目標を持つこともできました。 

チャレンジを始めてから短期間でこのような状態になれたのは、毎日ひっぱってくださった主催のかたや、一緒に奮闘している仲間たちがいたからだと思っています。
仕事と毎日の生活でいっぱいいっぱいになり、ついていけなくて振り落とされそうな時もありましたが、小さな子どもを育てながら毎日情報を投稿してくださる状況をみるだけでも勇気づけられましたし、仲間たちから発信される情報から得るものもたくさんありました。

やはり似た状況の仲間たちと一緒に進んでいるということが、いい意味で逃げ道をなくしてくれたのだと思います。
心を開くのが苦手な私に興味を持ってぐいぐい掘り下げてくれたり、心にずしんとくるような質問を投げてくれたり、めいっぱい凹んで対話を終えたこともありましたが(笑)それだけ付き合ってくれた仲間には感謝の気持ちでいっぱいです。

今回の変化は小さな一歩かもしれませんが、今の気持ちを大切に自分らしく進んでいこうと思います。

 

 

PROFILE

N/ライフシフトチャレンジ0期生

電車大好き男児の母。子どものような面を持ち合わせ遊ぶときは常に本気。探求と遊び心を忘れない元気おかん(でありたい)。何かを作ることが大好き。

 

 


今後も「ライフシフトチャレンジ」の参加メンバーによるブログを更新していきます。 お楽しみに!

*下記タグ「短期集中プログラムLIFE SHIFT」をクリックすると、参加メンバーのブログを一覧でご確認いただけます。

 

 

 

-ブログ, プログラム, 活動関連
-,

©︎子連れMBA, All Rights Reserved.
Powered by 一般社団法人ぷちでガチ.