TOPのKV+キャッチ

子どもがいるからこそ
自分らしく生きる

子連れMBAは
自分らしいキャリアを形成するために
熱い想いを持つ仲間と、学び、
つながり、挑戦できる場所です。

(事業概要)子連れMBAとは

子育てでえた視点で
日本の”あたりまえ”を変える!

ジェンダーギャップ指数156カ国中120位の日本。(2021年)
この原因は、女性の管理職や政治家、起業家など、リーダーポジションの女性(管理職や政治家、起業家など)が世界各国と比べても圧倒的に少ないことです。

この大きな要因として、硬直化した雇用制度や働き方、そして女性に偏りがちな育児や家事負担がまだまだ「あたりまえ」の日本。
子育て中の女性が、キャリアと子育てを両立させることは容易ではありません。

こんな当事者である関西の育休中のワーキングマザー数人から始まった「子連れMBA」は
2015年からキャリアと子育ての葛藤を抱える子育て中世代のエンパワメントを続けてまいりました。

「子連れMBA」のMBAは経営学修士ではなく
Makers of Business Art = 「仕事で自分を表現する人」という意味を込めています。

子育て世代が自分らしい生き方・働き方を実現し、周囲に働きかけるリーダーとなることで、日本の「あたりまえ」を変えていきます!

 

What we do

「子連れMBA」は、子育てでえた視点で日本の”あたりまえ”を変える、子育て世代のためのラーニングコミュニティです。
Knowing(学ぶ)、Doing(やってみる)、Being(自分を知る)というメソッドを仲間と経験することで、リーダーシップビジネスの力を身につけます。
2020年より完全オンライン化し、日本全国や世界から参加いただいております。

MBA with Kids 子連れMBA子連れMBAのメソッド

「子連れMBA」について、詳しくはこちらをご覧ください。

 

Who we are?

「子連れMBA」はの参加者有志を中心に運営しています。2017年に法人化し、一般社団法人ぷちでガチとして活動しています。

2015年、「会社ではできないことにチャレンジしたい」という関西の育休中の母親たちによる勉強会が発祥です。最初は少人数だったメンバーの輪が口コミで徐々に広がり、100回以上のイベント・勉強会にはのべ3,000人が参加するようになりました。2020年には完全オンライン化し、全国・全世界のワーキングペアレントのエンパワメントに取り組んできました。

「子連れMBA」の他にも、5月20日(520こづれ)を「子連れの日」として記念日登録し、企業や行政など、さまざまなステークホルダーとの協業により、子育て世代から多様性豊かな社会を育む活動を行っております。

団体概要はこちらをご覧ください。

ワーママコミュニティ

 
子育て世代が社会を変えるリーダーになることで
子育てをキャリアの障害ではなく、イノベーションの種としていきます

 

メディア掲載やその他の活動 

企業や行政との協業

企業や行政などとも連携し、さまざまな活動を行っています。
2021年には、5月20日を「子連れの日」として日本記念日協会に登録。企業や自治体の協力を得ながら、多様性に富んだ社会を目指してイベントなどを開催いたしました。(「子連れの日」についてはこちらをご覧ください)

また、別のプロジェクトとして、地元の人材紹介会社と協力して、企業における働き方や女性の登用に関する調査を始めています。

QUESTION子連れ

 

メディア掲載

全国紙やテレビ、ラジオなど、さまざまなメディアで紹介されています。
メディア掲載例:  日本経済新聞、産経新聞、読売新聞、京都新聞、テレビ大阪、他

最近のメディア掲載についてはこちらもご覧ください。(過去の掲載は投稿作業中です)

子連れMBA新聞

 

 

TEDxTalks 

代表理事の赤坂美保がTEDxNambaにて、子連れMBAの立ち上げのストーリーをもとにスピーチをしました。

 

ご覧いただきありがとうございました!
ご意見・ご質問は、お問い合わせフォームよりご質問をお願いいたします。

 

子連れMBA

子供と学ぶ

母親 学び

 

 

 

 

©︎子連れMBA, All Rights Reserved.
Powered by 一般社団法人ぷちでガチ.